Kitaro Performs at Mt. Fuji REPORT

The 13th annual Taiko Drum event commenced in heavy rain with
great support from our veteran event team building the stage in a short time.
This event was tributed to Mr. Daihachi Oguchi, master of the Suwa Taiko, who
passed away in late June due to a traffic accident.
Kitaro’s intention was to run the event even in stormy weather.
“Take this rain as a blessing and beat the taiko to your heart’s desire!”
To this call, the participants who gathered at the site were united by the
Taiko beat.
Fireworks lit up the area and the taiko rhythm resonated throughout Mt. Fuji.
The event continued on till the next morning, and people saw the beautiful sky
breaking out of the gray sky.
We pray that there will be less war in the world and that peace will eventually
prevail this earth.
We wish all participants for this event this beautiful summer memory.
今年は(も?)、残念ながら豪雨の中でのスタートとなりました。
それでも、13回目のイベントともあって、
悪天候にも慣れたスタッフ達によって手際よくステージが組まれました。
6月末に交通事故で無くなった諏訪太鼓の小口大八先生の
追悼の意も込めているので、
喜多郎自信は『嵐であっても決行するつもりだった』と、
開催の言葉の際に話していました。
『これも恵みの雨と思って、今年も心をこめてめいっぱい叩きましょう!』
と力強い声でスタートし、雨具を着た会場の人達の心がひとつになり、
太鼓の音がドンドコドンドコ響きわたりました。
今年は手筒花火も上がり、熱い花火師達が威勢よく声を上げて
会場を更に盛り上げてくれました。
朝には雨も止み、ご来光お目見えとはいかなかったものの、
一面の素晴らしい景色を見る事が出来ました。
また来年の開催まで、世界で起きている戦争が少しでも減っていますように、
平和への祈りをこめて。。。
そして、参加された方達の夏の思い出の一つになればと思います。





This entry was posted in Kitaro and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


+ 3 = seven

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>